お金がないときにするべきことを考える

誰にでも人生のうちで何回かはお金がないときというものがあるはずです。その程度も回数ももちろん、個人によって差があるのは当然ですが。まず、お金がないときにするべきことは、自分の収入と支出を改めて考えてみることです。常に、自分が収入よりもお金を使っているのなら支出を抑えることをまず考えるべきです。ですが、お金がないとき、というのは大抵、普段とは違う不測の事態が起きてお金がない、という状況になっていることであるはずです。ただ、そのお金がない状態が慢性的なのか突発的なことなのかによって対処の仕方が違ってきます。前者であれば、前述したように、収入マイナス支出をプラスにすることを考えるべきです。ですが、後者である場合は、予測ができなかったということがほとんどでしょう。そういった場合は、たいていの人が貯金を崩すなどの方法でそのお金がない状況を何とかしているはずです。ですが、問題はどうしようもない状況に対応するための貯金がない人たちです。もし、貯金がなければ最悪誰かにお金を借りる必要がでてきます。それか、クレジットカード払いで次の月に支払いを持っていくなどです。

もしくは、公共料金の支払いなどであれば、督促が来るまで置いておくなどでしょうか。いずれの場合でも、利息などがかかってくることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。ですが、これを繰り返していくと利息などによる慢性的なお金がない状態に陥ってしまいます。どこかでこの悪循環を止めるよう対策を練る必要があります。

お金の使い方は人それぞれですが、きちんと収入や支出を考えて生活している人は大抵、突発的なことがあった場合に対応できる貯金があることがほとんどです。ですから、逆に言うと、突発的なことに対応するだけの貯金がない人というのは、普段の生活をきちんと見直す必要があります。今現在、何事もなく生活できていたとしても、今後何があるかはわかりません。何も大金を用意する必要はありませんが、何かに備えてある程度の貯金を持っておくことは必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ