家でできる仕事のひとつであるテープ起こし

家でできる仕事の中でも、タイピングの技術に自信のある人にお勧めの家でできる仕事として、テープ起こしの仕事があります。このテープ起こしの仕事とはどういった仕事なのかといえば、テープなどに収録されている会話などを文字に起こす仕事のことです。

講演会などで講師が話した内容や、企業などの会議中に話された内容、または雑誌などの取材や対談で話された内容などは、

基本的にはその場で文字にすることができないですし、対談などでは会話のテンポが悪くなるのでその場ではテープに収録しておくことが多いのですが、そのテープに収録されているものを後で文字に起こす必要があるのです。会話というものは文字に起こすと膨大な量になり、会話のテンポが早い人だと1分ほどの会話で原稿用紙数枚になる場合もあります。それがテープの内容によっては1時間分や2時間分もあるので、タイピングの技術がある人向けの家でできる仕事になるのです。

タイピングが遅い人でもできないことはないのですが、その場合だととんでもない時間と手間が掛かります。そうするといくらテープ起こしの仕事の単価が高いとはいえ、それほど割りのいい仕事ではなくなってしまうので、やはりできれば早い人の方がいいでしょう。とはいえどうしてもやりたいという人には短文の仕事もあるので、そこから段々慣れていくのもいいのかもしれません。

テープ起こしの仕事は、基本的にはテープ起こしを紹介しているサイトなどに登録をすることにより得ることができますが、

そういうことが面倒くさいという人ならクラウドソーシング系のサイトに登録することでも見つけることもできます。クラウドソーシング系のサイトだと、プロジェクトなどで連絡を取り合うことすら面倒くさいという人でもタスク形式でできる場合がありますし、また必要な文字数が少ない場合もあるので、初心者にも向いています。

家でできる仕事を探している人で、特に高収入を探していてタイピングに自信がある人は、是非テープ起こしの仕事を試してみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ