クレジットカード現金化は業者を使わない

クレジットカード現金化を利用したいと思っている人はかなり追いつめられた人と言っていいでしょう。通常ではクレジットカードを利用すると、一括で代金を支払うか、分割やリボ払いで代金を支払うかということになりますが、追いつめられた人が一括で支払うことなどは難しいでしょうから、分割払いやリボ払いを選択することになるでしょう。

しかし、一括払いにすれば手数料や金利はつきませんが、分割払いやリボ払いを選択すれば低くない金利がついてしまい、ますます傷が深まっていくと思われます。下手な分割払いやリボ払いはますます追いつめられるだけです。

とはいっても、クレジットカード現金化では業者を利用することはやめましょう。分割やリボ払いよりももっと悪辣な金利相当分の手数料を取られる可能性が高いからです。

クレジットカード現金化の業者を直接取り締まる法律はありませんが、業者は別の法律を援用することによって摘発を受けるケースが増えてきました。利用者の方は摘発されたことはありません。そうなれば、業者は摘発を受けるかもしれないというリスクを持って商売をするのですから、手数料を低くするわけがありません。摘発を受けてもそれだけのメリットがあるように商売をすると考えられます。うかつな利用は業者の餌食になるだけです。

クレジットカード現金化はよいこととは言えませんが、換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、それを全く適法なリサイクル業者などに持ち込めば違法まがいの業者に持ち込むよりも高率のよい換金ができます。わざわざ違法まがいの業者を使う意味は全くありません。ただし、クレジットカード会社は換金性の高い商品の購入にはかなり目を光らせているので、購入する方はかなり注意を払わなければすぐにクレジットカード会社にばれてしまい、クレジットカードの使用停止などの処分にかかってしまいます。摘発されなくても、クレジットカード会社のペナルティを課せられるのです。

SNSでもご購読できます。