事務用の制服を着用しよう!やる気を出す3つのコツとは!!

事務用の制服を着用しよう!やる気を出す3つのコツとは!!

1.在宅ワークでの障害の一つがモチベーション

在宅ワークをしているときに困ることの一つに、いまいち気持ちが乗らない、ということが起こることがあります。
一日のモチベーションがあがらないのであれば、外出して気晴らしをし、次の日にはすっきりした気持ちで仕事に臨めばいいのですが、この気持ちが長期に渡って続くようなら問題ですね。

そんな人は、外に働きに行っている気分を味わうためにも、事務用の制服を購入してみてはいかがでしょうか。
一見、可笑しなことをやっているように感じますが、これはとても理にかなったモチベーションアップの方法なんです。

2.モチべーションが上がらない要因の一つ

家の中でやる在宅ワークですから、服装は自由ですよね。その自由さのせいで、あまりにラフな格好になっていないか、今一度考えてみてください。
一日家から出ないというのであれば、パジャマを着ていても誰にも何も言われません。

しかし、その服装は見た目だけでなく、気持ちもだらけさせているとしたら、やはりいい服装とは言えませんよね。
ですから、モチベーションがあがらない原因はパジャマ、もしくはそれに準じる格好であることが理由だということもありえるのです。

3.モチベーションを上げる手短な方法

例えばこんな経験はありませんか?学校での勉強は全然集中できないのに塾に行くと途端にやる気がでてしっかりと机に向かう事が出来る。
もしくはアルバイトに行きたく無くていやいや職場に行くけど制服に着替えお店に立った瞬間にスイッチが入り気がつくとあれだけ嫌だった気持が無くなっている。

という事があると思います。その原理は人は気持や感情的な部分を外部の環境によって操作されるという特性があるからです。
何かを始める時にまずは形からという思想は実に効果的な行為なのです。

要は特定の動作や環境に身を置く事で脳のスイッチを入れ仕事や勉強をする場所だという思い込みを脳に植え付けるという事です。
ですから、事務用の制服を着て気持ちを引き締めるのはとてもいいアイディアなのです。制服自体はネットショッピングで簡単に手に入れることができます。

まとめ

そして、届いたら早速着用してみてください。明らかに、着る前と後では仕事に対する姿勢が変化しているはずです。
そうなれば閉めたもので、どんどん在宅ワークもはかどるでしょう。
在宅ワークとは自由の象徴ですが、あまりになにもかもが自由すぎると収入に繋がらないという恐れもあります。

ですから、仕事着をあらかじめ決めておくことで、オンとオフのメリハリがきちんと付くようになります。もちろん、仕事着は事務用の制服である必要はありません。
オフィスカジュアルを意識したきれい目の服装や、手持ちのスーツを着用してもいいでしょう。もしもモチベーションがあがらず困っている人は、一度試してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ