最近話題の民泊ビジネスは稼げる副業です

最近話題のairbnbにチャレンジしてみました。なるほど、airbnbは稼げる副業だとはよく聞きますが、本当にそうなのかもしれません。airbnbに我が家の空き部屋を登録してから3ヶ月経ちますが、その間に15組のゲストを受け入れて、総額40万円の利益を上げることができました。主な宿泊客は外国人ですが、ときどき日本人の方も泊まります。一泊料金は8,000円に設定していますが、連泊なされる方がほとんどです。airbnbを始めたばかりで戸惑うところもあり、たまにゲストをお断りすることもありますが、それでも僅かな期間でこれだけのお金を稼ぐことができたのです。噂通り、airbnbは稼げる副業だと実感しているところです。

airbnbの何より素晴らしい点は遊休資産を活かせることです。我が家には物置同然の部屋があったのですが、そのことを常々勿体ないと考えていました。昔から夫とよく冗談で「下宿でも始めるか」と言っていたものです。ところが、そんな他愛無い会話が、airbnbのおかげで本当のことになってしまいました。まさか自分たちが旅館業の一端を担うことになるとは思ってもいなかったことです。いやはや、時代は移り変わるものですね。

そう、時代は変わるものです。10年前では考えもしなかった民泊が今や普通にありふれたこととなりました。稼げる副業をお探しの方は、この時代の変化に敏感に反応すべきだと思います。現在の日本では空き家問題などが騒がれておりますが、そんなことはairbnbを活用すれば一発で解決するではないですか。社会一丸となって民泊のシステム作りにもっと邁進してもよいのではないかと思っています。

民泊が稼げる副業だと身を持って体験した私たちは、今後は空き家投資にも取り組んでいこうかと考えています。近所の空き家を借り受け、airbnbに転用するのです。ゆくゆくは民泊ビジネスで年5百万円を稼げるようになりたいと考えていますが、今の手応えならそれは十分に可能なことだと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ